保育運動とは?

保育キャンペーン活動

2021年10月1日 START

新しい時代は子どもから

- 子どもの今が未来を創る -

私たち、公社)全国私立保育連盟では、日々変化する社会情勢に応じ子どもたちの最善の利益を基とした保育を保障し、子どもたちの成長を見守り続けて来ました。改めて現代社会を見つめてみると、多くの変化が生まれています。成熟した社会がもたらす価値観の多様化、ICTの普及によるライフスタイルの変化、「家庭 (育児)」と「仕事」の調整が求められる 働き方改革等、その変化は複雑に絡み合いながら、新たな時代を模索し始めています。一方、子どもに目を向けてみると、令和元年度の出生数が86万5千人となり、超少子化時代を迎える現実や、新たな感染症の流行により人との関わりを制限せざるを得ないという、過去に例のない状況となっています。

このような様々な状況が複雑に絡み合う新たな時代だからこそ、私たちは、子どもたちの保育を担う専門的立場から、子どもの成長の全てを伝え、時代に即した保育(子育て観)の発信と、社会全体で子どもたちを見守れる環境を、今まさに提案して行くべきだと考えました。

本運動では将来を担う子どもたちが、成人となる未来を見据えた上での「子どもたちの今(環境)を共につくっていく」ことを提案して参ります。この提案は、共に未来を創造していく持続可能な社会づくりを目指したプランであり、私たち保育者が時代に応じて行ってきた 保育の工夫や見直し、更には新たな研究知見に基づいた子ども理解などを取り入れて作成したものです。今後、SNSなどの情報ツールを活用し、広く社会に向けたメッセージとして発信したいと思います。

- 子どもの今が未来を創る -

Keyword
子育ては次世代づくり・子育て環境づくり・成長を見守る社会・将来を担う人材育成・保育園の重要性・社会の持つ責任
次なる時代を担う子どもたちを育てることは未来をつくることになります。価値観やモラル、人と人との関わりやコミュニケーション力を高め、安定した社会を創る為に、子どもたちの成長する環境を守りましょう。